独立までの道のり

雇われた高収入はいらない。 どうせなら自身で稼ぎたい。 ずっと働いていた会社を辞め、自身で生きる。 勝手気ままな仕事とプライベート ほとんど独り言・・・。

    タグ:夏

    6507d983.jpg
    としまえん。
    今年最後のプールに行ってきました。
    人が少ないかと思いきや、まあまあいてる。

    7月末に比べたら少ないけど、思っていたより多い。

    207f474d.jpg

    駅前にはいろんなお店。

    26a63cc7.jpg
    9cd26f5a.jpg
    盛夏期に比べたら空いているからゆっくり過ごせました。

    07f3e8ce.jpg
    仕事もあったから少し早めに切り上げたけど、ビアガーデンもいいね。
    夜になったら混んでるのかな。
    なかなかここでビアガーデンをできる環境じゃなさそうやけど、経験はしておきたい(笑)。

    6deef9fe.jpg
    遊園地と一緒になってるんやけど、プールからの出口に向かう時にパンダの乗り物が!!

    ちょっぴりブサイク。
    でも昔、パンダがとんでもなく好きだった。
    このパンダを見てふと思い出した。

    きっと自分が子供の年齢なら乗りたいって言ってる。

    また来年(-。-)y-゜゜゜




    毎年恒例の夏の甲子園の時期がやってきました。
    やっぱり観たい。
    手が離せないときはラジオをつけるようになりました。

    本日の試合でも随所に感動する場面がありました。

    スポーツは感動する。
    サッカーの代表戦もそうやけど、甲子園なんて特にそう思う。

    高校時代にしかない、3年間しかない間での試合。
    それは一生の中での3年間。
    チャンスは5回。
    それに懸けている人たち。

    勝った負けたの世界で、いろんな背景を見据えながら見るとこれほど面白いスポーツは他にあまり見当たらない。

    自分も学生時代はスポーツをしていた。
    残念ながら誇らしげに言えるような成績ではなかったと思う。

    中学、高校、大学と続けてきた中で、やっぱり高校時代の三年間がいちばん一生懸命取り組んでいたようにも思えるし、記憶も鮮明な試合が多い。

    その高校三年間は、他に遊んでいる人たちがうらやましく感じることはなかった。
    むしろ卒業後にうらやましく感じることはあったかもしれない。

    でも、それでよかったと今でも思う。
    それが今の自分自身の基礎になっているところも多いのではないかと思う。

    小さな地区大会は別にして、全国でも地区のブロック大会でも1番にはなれなかった。
    なれるチャンスはあった。

    ふと思い返すと、高校1年生の時に都道府県大会で2位になった時に恩師に言われた言葉が今でも残る。

    「これが最高の成績になるな。2番じゃ駄目だ、1番は特別なんだ」って。

    でもその後2番はあっても、1番にはなれなかった。

    今、仕事で突き進んでいるのは1番になりたいのかもしれない。
    自分のやっていることで1番をとりたいのかもしれない。

    1番は特別。

    スポーツだけでなく、日本一や世界一になれば世界が変わるという。
    それがどうしても見たい。

    それまでは人生突き進んでいくしかないし、いきたい。

    仕事を始めると、マーケットが大きくなってなかなか日本一世界一になる機会は少ない。
    でもなりたい。


    甲子園の話に戻って・・・。
    多くの野球少年が甲子園に出たい。

    しかし一握り。
    都道府県で一番になったからといっても、甲子園という全国の舞台では散々な結果で終わることも多い。

    各学校、各選手によって目指しているものは違うと思うが、みな一生懸命練習している。
    そして全国は広いし果てしない。

    甲子園に出ている選手たちが、どんな気持ちで毎日練習していたのか?
    どんな気持ちで3年間を過ごしてきたのか?
    それによってどれだけ犠牲にしてきたものがあるのか?

    すべてはわからないが、同じスポーツをやってきた人間として少しは分かるような気がする。
    そんな気持ちで高校野球を見ていると楽しい。

    そして、それぞれに感動がある。

    年齢を重ねてきたからそう思うようになったのか?!
    それはわからない。

    でも、楽しくて仕方ない。
    自分ではないけど、自分があの場所にいるような錯覚さえ感じることもできる。

    こんな気持ちで見ている。

    さあ、明日も応援しよ。
    3年間の思いをぶつけた試合。



    0c75efed.jpg

    自宅近くの商店街でお祭り?!をやっていました。
    こじんまりとしてるけど商店街の多くの人が参加して、
    地元の人も多くて。

    fcda763d.jpg

    この土日は開催しているみたい。

    c3ccdb99.jpg

    メイン会場・・・と呼べるくらいではないけど、
    一応ステージが設置されてて。

    aede4823.jpg

    ビックリするのは、良心的な価格(笑)。
    生ビールが300円。
    かき氷は200円。
    どんだけ安いんやろ・・・。
    (;一_一)

    さすが商店街主催だけあって、すべての価格が安い。

    92d78474.jpg

    途中で、商店街のいろんなところに設置してあるスピーカーから、
    「サンバっ!!」
    という曲が聞こえ出し、行ってみるとなんか踊ってる。

    fc49ec35.jpg

    この日の東京では神宮の花火大会があり、
    多くの人が観に行っている。
    それに比べるものではないけど、夏っぽい。
    そんな雰囲気は味わえました。


    ba295e33.jpg

    ちなみに、こういうスペースも(=_=)
    もちろん誰もいませんでした。。。





    とうとう8月に入りました。
    なんか7月はあっという間。

    1年もすでに半分以上過ぎているんですね。

    先月は新規事業において目標売上高を達成できました!
    なんとかって感じもあるけど、達成できたことにまずは一安心。

    8月は前から言っているように、実家に戻りたい。
    そう考えています。
    今現時点で確実ではないけど、今のままでいくと短期間ですが戻れそう。

    そんな7月末に地元の友人から連絡があり、二人目の子供が産まれたとの報告。
    おめでとう!

    もう何年も会ってないけど、帰れるようになれば祝福してあげたいですね。
    数年間空いた時間を埋めるように、たくさん話すことはあってたぶん尽きない。

    それも楽しみ。

    秋からの動向を視野に入れる時期にも来ているだけに、ここでパーっと遊べる状態ではないけど楽しみたい。
    たまにはね。

    あっという間に2011年の夏が終わりそうで寂しくも感じます

    先日の三連休、プールに行きました。
    仕事を平日にすべて済ませて土日の二日間連続でとしまえんのプール。。。

    朝9時に開園ということで9時に現地集合。
    23fa2783.jpg
    333e78fc.jpg
    すでにたくさんの人が入園してた。

    1c843857.jpg
    駅前もいくつかの飲食店もあって、ちょっとした街になっている。

    昨年初めてとしまえんのプールに一度行って、
    「来年こそは・・・」と思っていただけに7月に行けることが幸せ。
    自分に誓ったことだからこそ、ちょっぴり無理矢理でも行きたかった。

    この土日、めちゃ暑かったね。
    c8336f14.jpg
    空いているところに陣取る。
    いくつかのプールがあるけど、ひたすら泳ぐための50Mプール前はすいてた。
    一定時間ごとに水から上がって安全確認があるから写真は空いてる。

    でも奥にたくさんの人がいるんです。。。

    c4f9d2d0.jpg

    この感じだと思ったら・・・

    a317aca7.jpg

    はい、こんなにたくさん。

    efc029b4.jpg

    めちゃ焼けて、一緒に行った友人はオイルも塗らずに過ごした。
    翌日とんでもない火傷の状態。
    自分の場合は塗っていたにもかかわらず、かなりヒリヒリ(:_;)

    もうすぐ8月になって、あっという間に9月になりそう。
    そんな気配を感じながら、あと何回行けるのか。

    海がいいな。
    でも少し海は遠い。

    目標はあと、5回は行きたいですね。
    そのために仕事がんばります。。。






    今年の夏は実家に帰るように催促される電話が最近多い。

    なんや、子どもがまた産まれるとか、産まれたとか。
    奥さんが実家に帰ってゆっくりしているからその間に飲みに行こうとか(笑)。

    そういえば毎年帰っていた実家もここ数年帰ってない。
    実家の内情も大きく変わったらしいから、それも気になる。

    自分の気持ちをリフレッシュして入れ替えたいというのもある。
    なんか少しの勇気をもらいたいのかも。

    精神的に弱そうな人みたいな内容やけど(笑)。


    できることなら今夏は帰りたい。
    気持ちは帰ろうと思っている。

    でもそれは7月8月の仕事の動き次第というのが現状なだけにどうしようもない。
    今のままなら帰れる可能性が高い。

    おばあちゃんのところへ顔も出さないと(笑)。
    近年会ってないから、もしかして・・・。
    という気持ちも多少ある。それは笑えない(=_=)

    どうせ帰るなら1週間くらいは居座りたいね。

    もう少し時期が近くなったら具体的に予定も決まってくると思う。
    なので、それまで仕事がんばります。

    では




    リンクさせていたブログの一部をお引っ越し完了。
    これで少しスッキリした。
    そしてお引っ越し部分はガッツリと削除(^_^)v

    昨日、今日とめちゃ天気がいい。
    だからかなりのご機嫌さん!!

    もう夏ですね。
    早い。。。

    今日なんて昨日よりも暑い予想。
    最高気温は30度超え!!

    楽しみ♪







    夏ということもあり、意外と詰まったスケジュールの中で前から行きたかったプールに行ってきた。

    選んだのは埼玉県の「しらこばと」


    近場で、且つ賑わっているところ。
    そんな場所を探していたら友人から勧められた場所。

    行くと決まったらとことん楽しみたいから、朝の9時オープンにあわせて来場。
    9時15分に着いたのに会場前はもう入場券を買う人の長蛇の列ができていた。

    その人の多さにはビックリ。
    客層はローカル的な地域ということもあって、家族連れやカップルがメイン。
    20代や30代の男グループや女グループは終日多くなかった印象を受けた。

    海と違ってそんなにナンパ行為も多くないプールでゆっくりと水と太陽を楽しむことができました。

    マイナス点があるとすれば、人が多くて泳げない。

    流れるプールも流されているのは、水の力じゃなくて人に流されているんじゃないかなって感じる。

    今まで海で泳いでいた自分は、ちょっぴり不満に感じながらもお盆真っ最中に行ったことで仕方もないなと・・・。


    今度のオススメは「としまえん」のプール。
    東京のプールは人多くて、料金高くて、ナンパ行為も多いと聞いているのでそういう点では少し心配な点はあるけど、それにも負けず楽しんできます。


    次の休みはいつになるやら(^_^;)





    あっという間に6月も終わり。

    このブログでたびたび時期についての出来事や時の流れについての題名で話をしてきた。


    今年に入ってもう半年。あたりまえのことだけど、早いなー。
    なんて感じているのは自分だけじゃないと思う。


    このままあっという間に夏が過ぎ秋が来て冬を越える。

    一年もあっという間に過ぎる。

    一年後の今頃には何を考え、自分がどういう状況にあってここで何を書いているのかまったく想像できひん。

    どうでもいいことやけどどうでもいいことだけで終わらせてしまうと時間だけが過ぎていく様でもったいないと感じてしまう。


    皆さんは毎日何して過ごしていますか?

    何を考え、何を感じながら生活していますか?


    こんなことを呼びかけていたら病んでる子みたい(笑)やけど、
    昔に比べて時間があるからかな?!

    ついつい自分自身のことも深く考えることができる時間つくるようにしている。


    毎日どうやって仕事していくか?

    生活は精神的にも充実しているか?

    昔に比べて自分自身と向き合うのが辛くなくなった。
    自分自身を見つめてみても逃げることが少なくなった。


    成長したのか。
    ただおっさんになっただけなのか。

    それはわからへんけど。


    時間に対して大切に思えるようになったのは悪くない。



    本日土曜日は夏至の日。

    ご存知、一年の中で一番日照時間が長い日。
    6月21日が夏至なんて個人的に嫌や。

    どうせなら7月下旬とか8月のほうが夏真っ盛りで気分がいい。


    なんて思ってるのは自分だけだろうか?!


    去年の夏も東京で過ごした。
    今年の夏も東京で過ごす予定。

    季節の中で夏が一番すき。

    一番活発に行動できる季節。


    仕事にしろ、プライベートにしろ

    一年の中で一番頑張れる季節。






    このページのトップヘ