独立までの道のり

雇われた高収入はいらない。 どうせなら自身で稼ぎたい。 ずっと働いていた会社を辞め、自身で生きる。 勝手気ままな仕事とプライベート ほとんど独り言・・・。

    カテゴリ: 時事


    ちょっと前までは「浮気は男の甲斐性だ」と言われていました。
    しかし、今は案外そうでもないようで、夫以外の男性とお付き合いしている人妻も、少なくはないようです。
    ある大手探偵業者のデータによると、独身女性の60%、既婚女性の80%くらいが、そういった経験があるとのこと。

    「男はエヴリワンを求め、女はベストワンを求める」
    とは、よくいったもの。
    女性は男性に比べて、一人の男性を好きになると「他の男はイラナイ」となりやすい性質です。
    困ったことに、結婚外恋愛の彼を好きになりすぎると、
    夫は「イラナイ」とか「生活のために仕方なく一緒にいる」となる→夫も何となくそれに気づく→家庭がぎくしゃくする
    という、典型的な家庭崩壊のスパイラルをたどることが多いです。

    ですが、ちょっと待ってください。
    婚外の彼は、本当にベストワンなんでしょうか?

    心理学では、カップルの関係性を、このような段階に分けています。

    1.ラブラブ期。相手の全てが愛しいと思える時期
    2.お互いの悪いところも目につき、ケンカも起こる時期
    3.お互いの性格がわかりきったように思い、諦めてしまう時期
    4.更なるラブラブ期

    婚外恋愛に走っているカップルは、3番目の「諦めてしまう時期」に突入していることが、ものすごく多いです。
    この時期は、相手の性格の全てがわかったような気になってしまい、「あの人に何を言っても変わらない。
    いいや、お互いに家庭さえ壊さなければ」
    という気持ちになってしまいがち。
    それに対し、婚外の彼は1か2ぐらいでありますから、相手の全てがステキに見えてしまうのは当然のこと。

    本当いうと、3のステージにいるカップルは、相手に諦めたりせず「本当はどんな関係でいたいのか」よく考えて、それを相手に伝えるのが大切。もちろん、1回や2回で完璧に伝わることはないと思いますが、とにかく諦めないこと!
    ここを超えると、4の「更なるラブラブ期」の関係へと移行できます。
    この段階は、1の「ラブラブ期」の数倍結びつきが強いもので、いわゆる「年をとっても仲の良い夫婦」という感じになります。
    二人で問題を解決してきた分、よりお互いが「なくてはならない存在」になるのですね。

    これを読んでいる中には、ご主人以外の彼に心も体も奪われている状態の方が、いるかもしれません。
    ですが「彼と夫では、ステージが違うのだ」という事実を、心のどこかにおいておきましょう。
    そうすれば、本当に大切な人を失わずにすむのかもしれませんよ。
    (橘つぐみ)

    ローリエより引用)


    難しい問題です。


    本日の気になる記事(以下本文引用)
    ---------------

    今回は、会社員が35歳になったときに心得ていないと、前途がヤバクなることを紹介したい。
    この年齢は、会社員にとって“エンディング”の時期と私は考 えている。
    特に仕事への姿勢とか意識、考え方はこのころまでにおおむね固まる。
    経験論で言えば、35歳以降はこれらを大きく変えることはなかなかできな い・・・・・

    続き、全文を読む
    「35歳になった時に心得ていないと、ヤバイこと」
    [2011年8月5日「吉田典史,Business Media 誠」より引用]




    大手航空会社のアメリカン航空が連邦破産法の適用申請。
    そういえば少し前に日本でも航空会社の破産があった。

    これからもっと増えるとみている。

    やはりネットの発達が大きいのではないか。
    その場所に行かなくても、目の前のパソコンで賄えることが多くなった。

    今動いている飛行機には人より荷物の方が多いのではないかとすら思う。
    かんたんに世界と繋がるし、自宅に居ながら買い物もできる時代。

    海外の買い付けも現地に行かなくてもよい場合も多い。
    画像だけでなく、動画で動きも確認できる。

    オンラインで振込もできて、書類関係はEメール。
    そういうものはずっと昔からあったけど、航空会社もこうなることを見越してなかったのか。

    特に日本。
    海外に比べネットも発達してなかった国なのに、
    これから発達したらどうなるかって考えて対策を練らなかったのか。
    それとも考えたけど対策できなかったのか、したけど失敗したのか。

    もちろん原因はそれだけじゃないと思うし、これらは理由の一部にすぎないのが正しい。

    逆に上の人たちはすべて知っていて、見過ごしたのか。
    それなら、地球のCO2問題や環境に関しての問題。もっと身近でいうと原発の問題。
    影響が出る頃には自分の身はちゃんと守れてるから、もうそれでいい。

    バブルと呼ばれた不動産の地価高騰の時も上の人たちはわかっていたと思っている。
    そこまでくれば政治になっちゃうのかな。

    少し話がずれたけど、勝手につぶれるのはいいけど。
    困るのはいつも下の一生懸命働いていた人たち。

    ユニクロ、新卒一括採用を見直しへ 大学1年で採用も(朝日新聞)
     カジュアル衣料最大手のユニクロを展開するファーストリテイリングは、来年にも大学新卒の一括採用を見直す検討に入った。従来の慣行にとらわれない採用方式が、企業に広がる可能性がある。柳井正会長兼社長が朝日新聞のインタビューで明らかにした。

     現在、同社は国内では年1回採用を行っている。新しい方法では、採用時期を通年とし、選考する学年も問わない方式を検討している。柳井氏は「一括採用だと、同じような人ばかりになる。1年生の時からどういう仕事をするか考えて、早く決められる方がいい」と話す。

     具体的には、1年生の時点で採用を決め、在学中は店舗でアルバイトをしてもらい、卒業と同時に店長にするといったコースが想定されるという。
    ユニクロが大学1年の時点でも採用を決めるとかで結構な話題となっている。
    一括採用でなく通年採用が増えてきている企業が多い中、青田採用とも呼べるこの方法はどうなのか。

    大学生での就職活動が一番盛んな時期は3年のとき。
    年齢を問わない方法での採用になるかと思うが、高卒ではダメなのか?
    早い時期から触れ合いを持つことで優秀な人材を確保したり、今までにない人材が欲しいのかもしれない。
    しかし、いまだに学歴を気にして採用を目指しているようでならない。

    一番興味深いと感じることは、「一括採用だと同じような人ばかりになる」と発言した内容。
    それは、「同社が同じような人ばかり採用している。」
    「似たような育成方法や指導によって同じような人が増えているだけ。」

    そのような会社の内部が垣間見える。
    実際にそうでなくとも、そうではないかと思わせた。
    これを感じると同社の魅力は薄くなってしまったのは自分だけではないと思う。

    まず社員教育や育成のプログラムを変えることや、「同じような」人物ばかりを採用することをやめればいい。
    やはり伸びている企業や有名な企業には優秀な人材が集まっていることも否定できない。
    それ社風や社員教育にもいい影響を及ぼし、さらにそれに対して人が集まるという好循環があるからだと感じる。

    最後にこれまでの内容を一気に無駄にするようなことになるが・・・。
    結局は話題作りのための広報の作戦だろうと思うのは気のせいか。
    本気で考えて選択肢の一つとしているわけではなく、今までにない採用の提示による賛否両論。
    そして、こうやってブログで題材として取り上げてしまった自分もいる。
    ユニクロの宣伝戦略にまんまとはまってしまったのだろうな。

    では

    気になる記事(以下本文引用)
    ----------------------

     紳助と夫人が出会ったのは35年前、紳助が20歳の時だったという。
    「みずからが出演する京都花月の切符を道行く人に売っていた際、1歳年下の彼女と出会ったそうです。
    京都出身の彼女は実家が喫茶店をしていて、その手伝いをしていたとか。4年間の交際を経て・・・

    (続き、本文)
    紳助と女帝妻「愛人公認」腐れ縁35年(2)「浮気するなら金を稼げ!」
    (2011年11月2日「アサ芸プラス」より)

    マンションの悪質な勧誘増加中・キーワードは「強引・強迫」「長時間勧誘」「夜間勧誘」 (Livedoor News)
    http://news.livedoor.com/article/detail/5168132/



    困ったニュースが立て続けに出ています。
    マンションの勧誘という記事。
    また同日に似たような記事が…


    「名刺交換」が誘い水 新手の投資用マンション勧誘でトラブル急増 (Livedoor News掲載,産経ニュースより)
    http://news.livedoor.com/article/detail/5169228/


    どちらの内容も不動産営業会社にとっては問題となる出来事じゃないでしょうか。

    低金利時代と言われ、売り手市場より買い手市場といわれる今の時期に。
    こういったニュースは残念でしかありません。

    実際にこういった営業手法が実在するのも現実です。
    サブプライムローンからの金融破たんによって多くの不動産業や建設業が大打撃を受けました。
    それから数年たった今でも業界の状況が良くないことは確かです。

    金融機関が貸し出しを渋り、絞めていく。
    借り入れができない企業も多くなってきて体力も続かず倒産。;
    そんな会社を嫌というほど見てきました。

    だからこそ、業者側では少しでも多くの現金を蓄えておきたい。
    少しでも多くのリスクに備えたいというのがあると思います。


    それに加えて、金融機関の審査も厳しくなりました。
    最近では総量規制という法律も加わり、消費者がお金を借りることも難しくなってきています。

    不動産で言うと、借りれない人が増えている。
    借りれる人が限定されてきている。

    そうなれば必然的に、狭いマーケットに生き残りをかけてどっと営業マンが押し寄せる。
    特に投資用のマンションであれば、ある程度の年収や勤め先の規模なども重要になってくるため、アプローチがかかっている人は様々な業者からの営業がひっきりなしに来る状態だと思います。

    逆に、それ以外の人には営業がかからない。
    だって金融機関がお金を貸さないんです。勧誘がないのも当り前ですよね。


    実際に多くの不動産会社が無くなり、今現時点で残っている会社も生き残りをかけて経営しています。
    少し規模の小さい会社にとって見たら不利ですよね。

    同じ人にいろんなところからアプローチが来るわけですから。
    購入するにしても選択肢が広がる。
    たくさんの業者の中から条件の良いところを選べる。

    しかも今は低金利時代。
    バブルのような大幅な地価上昇は考えずらいとしても、定期的な賃料収入が得られることに大きな魅力はあります。
    追い打ちをかけるように、もらえる年金が下がるというニュースも同日に発表されました。


    年金支給:来年度は減額 物価下がり5年ぶりに毎日新聞 2010年11月27日
    http://mainichi.jp/life/money/news/20101127k0000m040132000c.html


    これから自分自身の将来は自分自身で守るという時代なのかもしれません。
    その中で不動産投資というジャンルがあって安く手に入る。
    消費者にとって見たら魅力的な部分が多いです。

    それだけに、アプローチする不動産業者も過熱する気持ちもわかりますが少し考えてほしいところがあります。

    多くの会社が勤務時間も長くて休日も少ない。
    そのため営業マンは入れ替わり。
    世間からはブラック企業扱いをされる。
    販売したいがために、常識を知らない人間が非道的な営業をする。

    「強引・強迫」「長時間勧誘」「夜間勧誘」、「名刺交換」からの営業。
    その裏には、それらを強いられている営業マンがいるということです。
    これらを消費者に行う以前に、社内では上司から営業マンがされているのです。

    だからと言って肯定できる内容では決してないですが、
    こういった悪循環を抜け出す環境をつくることが一番会社にとっても消費者にとっても一番いいことのような気がします。



    自分で独立してやろうと思った背景にはこういう現状が大きいです。
    こんなニュースは悲しいですね。











     

    【男性編】もう戻りたくないドン底時期はいつ?ランキング#COBS ONLINE# - livedoor ニュース


    はっきり言って27歳の時ですね。
    ひったくりに会った時の時期。

    ちょうど、銀行に行って来て他行に移そうとしていたとき。
    忘れもしない、土曜日。

    金曜日におろして、時間なく週末を迎えて土曜日にはその時の全財産に近い金額を持っていました。

    大阪ってこともあるのかもしれへんけど、
    ひったくり!!!


    すべてに近いものを失いました。

    幸い、その時交際していた人がいたから
    精神的にもそんなにダメージはなかったけど、
    今考えるととんでもないことですねー。





    大阪2児遺棄事件 下村早苗容疑者のmixiやブログには幸せだった過去が : にゅーす特報。


    見てはいけないようなニュースを見た気がします。
    南堀江といえば、昔友人が住んでてよく行きました。

    こんなニュースなんて聞きたくないねー。
    実際その人と同じ環境や状況でないと
    その心理状況はわからないと思うけど。

    できたら理解したくない。

    子供ができたらそれだけ大変なことになるんですね。
    そう考えると、自分にはまだまだ未熟なところがあるから
    育てられるかなんて、なかなか自信がないかも。

    亡くなった子供のこと。
    周りの友人やご家族の気持ちをお察しします。

    GIGAZINEのニュースはやはり反響すごいんですね。
    いつも目にしていたものだけあって、
    こうやって改めて見ると何か感じるものがあります。

    継続はもちろんしていくと思いますが、
    いろんな意味でよくなって欲しいです。


    GIGAZINEさんから求人のニュースが出てました。
    ネット上でも話題になったので
    知ってる人も多いと思います。

    【求人募集】GIGAZINEのために働いてくれる記者・編集を募集します
    http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100802_gigazine_job/

    これを見て感じたことがやっぱり経営者と働くものの考え方のズレ。
    編集長が言っていることもわかります。
    逆に雇われている編集部員の気持ちも理解できます。

    正直、編集長の意見は経営者としての
    本音の部分だと思いますね。

    サラリーを払う立場としてみたら
    当り前の感情やし、求めているものがある。

    逆に、雇われている側にもそういう風潮になることは
    最近の会社でよく聞くことやし、
    求めている部分がお互いに違う。

    編集長が今回書いていることは、
    変なことでも特別なことでもなく、
    同じような会社がたくさんあるような気がします。

    現実そういう状況もよく聞きます。


    小生意気に言うと、
    そういう環境づくりをしてしまっている管理職(編集長?)の責任もあると思います。

    昔に比べて、インターネットも普及していろんな情報が簡単に入ってくる時代。自分で解き明かしたり、考えて解決していたことが今ではネットで何でもわかるし、ある程度の解決はできる時代。

    今の自分の会社の状況を他とも簡単に比較できる。


    多少の不満があれば、ぶつける先もあるし
    それに対して共感やレスを返してくれる人もいる。

    そんな便利になった時代やからこそ、
    人との直接的なコミュニケーション力が
    大切になってきてるんじゃないかなって思います。


    仕事で悩み事があればネット上でなくて
    近くの上司の相談。
    なんかちょっぴり古臭い感じもしますけどね(笑)。


    そんなコミュニケーションなんて必要なければ
    みんな在宅で仕事したらいいわけやし。

    せっかく顔を合わせて仕事するなら
    そういう場が大切になるような気がしますね。


    逆に、管理職でない雇われている人側にも
    責任はあって、働いた分の対価としての賃金という
    風潮は少し苦手です。

    まず求められている以上の仕事ができて
    賃金が対価として支払われる。

    この図式がないと経営者側としても
    雇っている意味もなく、会社としてやる意味もないですよね。


    そうなるのも、不安定な経済理由があるのかもしれないです。
    経済のせいにしてはいけないんですけどね。

    でも、これだけ生活に困っている人も多い時代で
    一昔前に言われた終身雇用なんてほとんどないし、
    年齢を重ねるにつれて給料が上がることなんて
    今や公務員くらいじゃないですかね。


    こんな時代だからこそ、
    経営者側もそれに対応するべく変化して
    柔軟に労働者と向き合えるようなコミュニケーション力。
    その仕事に対しての夢を与えることができたら
    素晴らしいですよね。

    決して簡単なことじゃないから
    大変だとは思いますが。


    今回のGIGAZINEさんの記事を読んで
    考えることや思うことなどたくさんありました。

    編集長の勇気ある投稿もある意味かけなのかもしれません。


    今までGIGAZINEさんの記事を意識して読んだことなかったですが、
    結果的にいい方向に行ってくれることを願います。











    このページのトップヘ