独立までの道のり

雇われた高収入はいらない。 どうせなら自身で稼ぎたい。 ずっと働いていた会社を辞め、自身で生きる。 勝手気ままな仕事とプライベート ほとんど独り言・・・。

    カテゴリ: ふと想うこと

    職場に向かうことがちょっぴり辛く感じる時があります。

    自分自身の仕事をしている時や、自身の事業に対して仕事する分には全く気になりませんが、空いている時間に進めているバイトや会社勤めへの仕事へ向かうのが辛くなる時があるのです。

    これってやばいですよね。

    言い方悪くすれば、会社勤めやバイトは座っていても給料が発生するし、時間を過ごすだけでも時給という形で報酬がもらえます。

    成果が出ない限りは報酬として返ってこない自分の事業とは異なるにもかかわらず、その時間を過ごしに行くだけでも苦しく感じる時があるのです。

    この時間を過ごしているなら、自分の事業にもっと時間を使ったほうがいいんではないのか、進めるべき作業に労力を使った方が良いのではないかと悩み、頭の中がぐるぐるする時があります。

    それでも、安定した報酬が得られる事は魅力的ですし、不安定なうちはそれも避けることができません。こんな時、どのような形で過ごしている人が多いのでしょうか。気になります。

    そんなこんな言いながらも、今日も休むわけにもいかないのでこれから行ってきます。


    仕事に行く気が起きません。

    もうこれは何かの病気ではないかと思うレベルです。苦笑

    自分の仕事に関しては、12時間でも18時間でもまったく苦にならず働けるのですが、どこかに出向いて仕事をするのがとても苦痛に感じます。

    やばいですね。


    ブログの統一性は全く考えていません。
    んなもん、まったくありません。

    好きなことを書きたいように書く。

    「よくブログ運営を継続できますね」と言われることがありますが、書きたいことを書けばいいだけの話ですので、狙って長期運営しようと思っていたわけではありません。

    長年ずっと書き続けていたら、途中で文体が変わったり、気分によって口調が変わることもあります。キレイな文章を心がけていて、将来的に出版を目指しているなら別ですが、個人ブログレベルであれば気にすることもないと思います。

    もし、何かの形にとらわれすぎたら何も書けなくなりますからね。

    その人の自由な形で表現できるのがブログの良さですので、とりあえずは書き出してみる、表現してみるってことの方が大事だと思うわけです。

    というわけで、当ブログは今後も統一性は全くありません。笑



    やりたいことがあってもやれないもどかしさを感じることがあります。これは仕事でもプライベートでも同じようなことがあり得ます。

    まず仕事で言うと、やりたいことがあってやれていない状況のときには、ほとんどがが経済的な理由だと答えます。厳密にいうと、8割が資金的な問題で、残りの2割は時間の問題です。

    頭の中にはアイディアがあってもそれを実現するためには、多少なりとも資金が必要です。

    それを実行に移せない状況というのは、資金がないからで、もう少し資金があれば実現するのになと感じる時があります。

    しかしながら、よくよく考えてみると、少ない資金でも同様のビジネスアイディアを小規模展開できないようであれば、そのビジネスモデルのアイディアは充分に練られたものでは無いのではないのです。

    本当に成功するようなビジネスモデルであれば少ない資金で再現させることもできます。それでも実現しないのであれば、きっとそのビジネスモデルは間違っている可能性がある、もしくはしっかりと戦略が練られていなくて、再現性が低い可能性が高いです。

    そのやりたいことに対して時間が取れないと言うのは問題外です。

    本当にやるべきことであれば、少しの時間でも時間を作って取り組むべきですし、やらなければいけないことだと思います。それでも優先順位が後回しになってできていないのは、どこかにそのビジネスモデルではうまくいかないと考えているところがあるからでしょう。


    また、プライベートでやりたいことがあってもやれないもどかしさを感じる時があります。

    プライベートでやりたいことがあってもやれないのは、基本的にどうでもいいことばかりなことが多いですが、それでもやれないことでもどかしく思えるならば、やることによって人生にplusに影響させる方がいいです。

    例えば「友達1000人作りたい」といった、やりたいことがあるとします。

    それでも全然友達が増えずもどかしい気持ちになっているならば、ほとんどが行動にうつせていないことが原因です。

    本当に友達を1000人作りたいのならば、毎日いろんな人に声をかけるべきですし、出会った人全てと連絡先を交換する位の勢いが必要です。

    仮に、1日1人連絡先を交換しても1年で365人しか友達が増えません。1,000人の友達を作ろうとすれば3年かかります。

    現実には1日1人友達を増やして1年間で365人の友達が増えれば、その中で飲み会や紹介なのでもっと短期間で先には到達できると思います。

    しかしながら1日1人の友達を作ると言うことすら達成できなければ、または達成する行動力がなければ、友達1,000人を作る目標を達成することができません。

    つまり、やりたいことがあってもやれないもどかしさを感じていることの原因のほとんどが行動力のなさです。

    本当に自分がやりたいことややろうと思っていることであれば、小さな1歩でも踏み出すべきですしそのための行動をするべきです。

    このように頭では思っていても、実際に行動することができないと思う人がほとんどなのです。

    何かの夢があって、したいことがあるやりたいことがある、つかみたいことがあるとすればまずはその一歩を踏み出して行動に移すことで、夢を叶えるまでの距離が一歩近づきます。

    何事も行動あるのみですね。


    今日、東京は雨が降っていました。

    外に出かけて帰ってくるとき、駅のホームでは何やらいつも以上に学生が多くて、いつも以上にテンションが高いなと思って見守っていました。

    そこでふと気づいたのが、今日は卒業式なんですね。

    3月5日といえば世間一般の学校は卒業式を迎える日になります。あんな時もあったな、こんな時もあったな、と何十年前か分からないような学生時代の思い出がよぎりますね。

    これから社会に出て、楽しいことや嬉しいことのほかにも苦しいことや辛い時もどんどん経験していくんだろうな、と考えている自分が年を重ねたなと自覚するばかりです。(完全におっさん化発言です)苦笑

    あの子たちが何十年か後に、卒業式の日は雨が降ってたね。と振り返る日がいつか来るのでしょうか。

    何はともあれ、今日は晴れやかな日でしたね。


    今日は久しぶりに外食。

    彼女が結婚式で地元に帰っているので、夜も1人で過ごすことになります。だからといって、特に何かすると言う事は無いけど、今は寂しく家で過ごしています。

    特にブログに書くような出来事もなかったけど、逆に書けないような出来事もいくつかある。

    今自分が何をやっているのか、やっていることが正しいのかを考えると不安になることもあります。しかし今は、難しいことを考えることなく、前に突き進んでいくことだけを考えることが大切なんだと思います。

    今は彼女を大切にする、将来成功させることが1番の目標なので、悲しませないようにすることが最優先なのかな。



    日々行っていることが遠回りだと気づいているのに、やめられないことってありますか?

    少し冷静に考えてみるとすぐ目の前になりすぎて、本当にやらなければいけないことができていない。

    とてももどかしい。



    あれから何年経っただろうか。
    同じ間違いを繰り返してしまったね。失敗。

    今の状況を、なんとか打破して、切り抜けるしかない。一つずつ積み重ねていっていくことが、今自分にできる唯一の方法だと思う。

    毎日
    同じような日々が毎日繰り返されるような感覚はあるけど、これが成功に近づいてると思って一歩ずつ前に進むしかないね。


    なんかネガティブな話になったけど、そんなにネガティブとは考えてない。

    まぁこれからが楽しみでもあり不安でもあるけど、そういったことを踏まえながらがんばっていきたいな。

    なんか、決意表明みたい(笑)

    一緒に食事へいったり、遊びにいったり。それでいつまでも進展のない関係ってどうしたらいいんでしょう。

    進展があるから続けるとか、進展がないから切るとか、そういった話は失礼なのはわかります。

    しかし、限られた時間とお金の中で、できることを超えてしまって苦痛に感じているなら…

    それは関係を見つめ直すのも大切なことなんじゃないかなって思うんですよね。





    3.11東日本大震災から4年

    あの東日本大震災から四年が経過しました。
    まだ四年か‥と思う気持ちと、
    もう四年か‥と思う気持ちが入り混じります。

    震災の被害に直面した人は、
    今、どうなっているのでしょう?
     

    月日の経過とともに、
    現地の情報が少なくなってきました。

    津波の映像に嫌悪感を抱く人もいるのでしょうが、
    あの震災のあとしばらくしてからは、

    津波で被害を直接受けた人たちよりも、
    間接的な被害である原発の問題ばかり
    取り上げられているような気がします。


    津波で家が流された人たちは、
    ちゃんと家が再建できているのでしょうか?
    地域の復興は進んでいるのでしょうか?

    情報が氾濫している世の中なのに、
    本当に知りたい情報というのは、
    とても少ないように感じます。


    一日も早く、
    現地からの元気な声を聞けることを願うばかりです。

    被災された方へお悔やみ申し上げます。

     

    このページのトップヘ