最近は音声入力することにハマっています。今日もこれは音声入力でテキストを入力しています。

音声入力で気がついたことは、やはり書き言葉と話し言葉は多少違うというところですね。意識して文章を書くことと内容揃えないとおかしな文章になってしまいがちです。

もう一点、やはりこれは音声入力の難しいところでもあるのですが、内容を理解してから話し始めないとダメだという点です。

原稿や記事作成をタイピングで打ち込んでるときは、文字を打ち込みながら考えています。逆に考えながらテキスト入力をすることができます。

しかし、音声入力の場合は、頭の中でまとまってから話し始めたほうが、効率的に入力ができるということがわかりました。そのため、すらすら文章を音声入力で入力していくコツとしては、いちど紙か何かに要点を書き出すことがおすすめです。

頭の中で考えながら話していると、どうしても言葉に行き詰まってしまう時があります。特に原稿やサイト記事などのしっかりした文章書くときには、要点をまとめた上で音声入力を始めるほうがスムーズにできます。

サイト記事や執筆原稿などのきちんとした文章でなければ、音声入力で充分でしょう。特に、日記風の記事を書くときには楽なんじゃないかなと思います。

とりあえず話せばそれが文字として打ち込まれるので、タイピングが苦手な人もブログを始めてみようかなと言う気持ちになりやすそうですね。


誤字や脱字に関しては、多少話していることがうまく文字にならないことがありますが、そこまで気にならない程度です。ほぼ正確に認識してくれています。

ということで、音声入力のテストを兼ねて記事を更新しました。何か質問などありましたらコメント欄からどうぞ。

※ここまで4分くらいで終了