独立までの道のり

雇われた高収入はいらない。 どうせなら自身で稼ぎたい。 ずっと働いていた会社を辞め、自身で生きる。 勝手気ままな仕事とプライベート ほとんど独り言・・・。

    2007年12月



    久しぶりにクラブへ出かけた。

    いつも楽しみにしていってるねんけど、
    今日は少し残念な出来事が・・・。

    大阪にいてるときにいつも一緒に行っていた
    クラブ仲間?!見たいな子と一緒に行ってんけど、

    クラブ内でよく見たらサクラ的な人たちが・・・。


    VIPルームにいてる人や、席を取っている人たちに対して、
    女の子を用意しているのを見かけた。

    用意しているというよりも一緒に飲もうよ!みたいに声をかける専用に
    人がいてることにビックリした。


    自分で声かければいいのに。

    なんてコトを思いながら、傍観してた。


    一緒に行った子も
    「アソコの席で一緒に一杯だけ飲まない??」
    なんてことを言われたらしい。


    一緒に行ったこなんて気の強い子やから、
    「気持ち悪いからやめとくわー」
    なんて言葉を返して対応してたみたいやけど
    結局、一晩で4〜5件くらいは言われたらしい。


    専用の客引きなのか、スタッフなのかわからない。

    でもそんな状況になんかレベルの低さも感じながら
    ガッカリした。

    もうその店は行かないと心に決めたけど、他の店で同じようなことがありえそうでなんか東京辛い・・・。


    同じような経験した人いてたら意見交換したいです^^;






    誕生日を迎えた。

    前の誕生日から一年経った。
    そんなことあたりまえやけど、
    なんかそんなこと思った。


    去年の誕生日って何してたかなー?!
    なんてコトを思いながら毎年毎年誕生日を過ごしてる。


    今年の誕生日は今までとちょっぴり違って
    大阪でなく東京で迎える誕生日やったから
    なんか気持ちが違う。

    友達が誕生日をお祝いしてくれるというので
    六本木で待ち合わせ。

    最近外食してなかったのでなんかウキウキな気分で待ち合わせた。
    六本木でいつも歩いてるメイン通りを避けて
    いつも歩かないような道に入ってみて
    お店探し。


    ミッドタウンの近くで鶏料理をご馳走になり、
    ダイニングレストランに行って飲み倒し!!!


    気がついたら朝7時。

    何時間飲むねん。


    とか思いながら、大阪から東京に住んでる友人に
    おもてなししてもらいました。


    次の日仕事あったのに朝まで付き合っていただいて
    ありがとう。


    久しぶりに楽しくおいしいお酒飲みました。


    大暴れしたことは
    ここでは述べないようにして・・・(笑)



    酔いすぎてました。





    さきほど、携帯に一本の電話が鳴った。

    見ると知らない番号で、時間は十時過ぎ。
    こんな時間に誰やろって思ってちょっぴり不機嫌な感じで電話に出てみると。

    「○○サンの携帯ですか??」

    若めの男性の声。

    ますます誰やろって感じですすめていくと。

    「財布置きっぱなしだったので、このままここに置いときますね。」
    「(プー、プー、プー)」

    と電話が切れた。

    あっと思って、すぐにマンションの下に降りてみると、
    自転車のかごの中に自分の財布が。

    その5分前くらいに、出かけて帰ってきて財布をそのまま自転車のかごに
    入れっぱなしにしてた。


    それを思い出して急いでエレベーターを降りた。

    周りに誰もいなかった。



    こんなことがあるんだって正直思った。


    今まで自分が生きてきた環境の中でこんなことは一度もなかったから。
    部屋に戻ってもう一度電話をしてみると電話には出ない。


    こんな出来事はこういう場でも報告しなければと思って今日は書いた。


    御礼をしっかり伝えることもできないまま終わってしまっては
    自分自身の納得がいかない。

    こういう人がいてるということだけでも
    誰かに訴えることで少しでもお礼に代えることができたらなって思っています。


    東京にきてはじめてよかったなって思った瞬間でした。









    正月くらいは大阪に帰ろうか?!

    そんな小さいことさえ最近考えてる。
    東京に住んでる人は実家に帰る人が多いと思うけど、
    そんなに帰ることは簡単ちゃうやんって思う。


    正直な話、大阪に帰るのに往復で2万5千円くらい。
    正月やから飲みに行くとしてトータル10万くらいはかかると思う。


    そんなんやったら
    海外に行ったほうがいいやん!!
    なんて単純に考えてしまう自分。


    基本的にクリスマスや正月とか気にしない人間。
    365日の中の一日って考えてるから
    イベントには疎い人間?!

    毎日充実させてたらそんな一日なんかに左右されへん!!
    なんていつも思ってる。
    ただの強がりカモ。

    でも、実家に帰るだけで10万使うなら海外に行って
    楽しみたい。

    ちょっと時期をずらせばいいとこ行けるしー。


    そんな葛藤の中、毎日悩んでます(笑)




    以前、仕事の分岐点のことについて述べたことがある。

    それが今日一段落したから報告しようと思って。


    まず簡単に説明すると、麻布にある飲食店の店長を引き受けるかどうかという話。
    店長といっても今まで飲食店の経験が豊富なわけちゃうし、
    人をひきつけられるようなカクテルをつくれるわけでもない。

    でも店長の仕事ってうまい接客ができるとかおいしい料理ができるとか
    人をひきつけれるようなカクテルがつくれる人がなるもんじゃないと思ってる。

    もちろんできるにこしたことはないけど、
    店長の一番の仕事は売り上げをあげることやと思ってる。

    その店が黒なら(黒字)店長としての仕事はできてると思うし、
    赤(赤字)なら店長の責任やと思う。


    ずっと今まで数字の世界で生きてきたし、
    今も自分で仕事して数字が黒か赤かってめちゃ大切。


    ずっと飲食店で生きてきた人にはこの考えをわかってもらうのって
    大変やし、カクテルも接客も一流にできひん人が店長?!

    なんて考えを持たれて払拭するのに時間かかりました。


    お店の現状を回復させるために店長として
    するという話が来てました。
    いわゆる経営での立て直しとしての依頼。


    もちろん成功したら評価されるし、失敗したら責任を負う。

    こんなプレッシャーや重圧なんて今まで何回も受けてきたし慣れてたから、
    そこについては気にすることがなかった。

    ただ、さっきも述べたような現場のメンバーの意識改革に時間もかかって
    報告が遅れてしまった。


    それは逆の立場では理解できないのもわかる。

    全く異種業から来た人が自分の上司になってあーだこーだ言われたら
    素直に従うことのほうが難しい。

    でも現状、経営管理ができる人がいないとお店は成り立っていかない。
    そう思う。



    今回結局この話を受けた。
    活動は始まったばかり。
    条件や待遇はよくない。
    でも、お世話になったお店やったので情もあって受けることにした。
    期限付きで・・・。


    いきなり店長という立場は内部の多少の反発もあると思って
    店長代理という形で行動してる。


    店長の仕事・・・。
    売り上げを黒にすること、社員のコントロール(管理)。
    大切なのはこの二つ。

    店長だけじゃなくて、会社の代表も同じやと思うから。


    売り上げを向上させるために行動したり、企画もする。
    うまく接客できなければ、接客できる人をうまくコントロールできたらいい。
    料理がつくれなければ、料理ができる人を雇い働きやすいように管理したらいい。


    自分の接客レベルをあげるのはそれからでいいと思ってるし。


    飲食店といえば、12月は稼ぎ時。
    すでに予約でいっぱいになっている。


    異種業の飲食業で経営。
    ある意味コンサルティングの仕事。


    成功できるようにしていきます。
    そして成功の場合はその実践方法を紹介できるようにします。


    お楽しみに・・・




    このページのトップヘ