独立までの道のり

雇われた高収入はいらない。 どうせなら自身で稼ぎたい。 ずっと働いていた会社を辞め、自身で生きる。 勝手気ままな仕事とプライベート ほとんど独り言・・・。

    2007年09月



    好きな言葉。
    自分に影響を与えてくれた言葉。


    そんな言葉って誰にでも一つくらいあるんちゃうかなと思う。


    その中で今日は自分に少なからず影響を与えてもらった言葉で、
    好きな言葉があるのでそのことについて少し。



     『自ら機会を作り出し
       機会によって自らを変えよ』



    有名な言葉で、知ってる人も多いと思う。
    ビジネスの世界で生きる人間なら一度は耳にしたことがあるかもしれへん。


    これはリクルート社の旧社訓で、江副浩正さんの言葉。

    今ではこの社訓は掲げられていないらしいけど、
    今でもこの社訓は根付いてる様な気がする。


    いろんな会社でいろんな社訓ってあると思うねんけど、
    どんな理にかなってる言葉や、正しく美しい言葉でも
    魅力がなければいけないと思う。


    人にもカリスマ性というのがあるけど、
    言葉にもカリスマ性はあると思う。


    そんな何かひきつけるような魅力がこの言葉にはある様な気がして
    好きやねん。





    自分の考えから言うと、
    会社なんて会社側から何かを与えてくれる場所じゃないし
    雇う側やから働いてください、って感じとは違うと思う。


    でも、最近の会社で見られる光景として
    雇われてる側の従業員が働いてやってる。見たいな風習がたまにみられるし
    なかには自分のお店や会社の文句や不平不満ばかり言うような
    勘違いしてる人を見かける。


    もともと、そこで働く従業員なんて
    「ココで働かせてください」
    と、頭を下げて入るはずなのに
    少し時間が経ったら、
    給料安い、待遇悪い、上司むかつく、仕事が低レベル・・・。
    そんな不平不満ばかり言い出す。


    ホンマに勘違い!


    先にも述べたけど、会社が何かを与えてくれるわけちゃうし
    求めてばかりでなくて自分から考え・悩み・行動して結果を出す。


    これがあたりまえやと思う。



    リクルート社。
    自分はこの会社が個人的に好き。
    反発する人やもっといい会社や大きい会社があるって
    いう人もいてると思うけど、個人的に好き。

    本もよく読んだ。


    一時期、リクルートで働いてみたいなって思ったことさえある。


    前に大阪でサラリーマンしてたときにリクルートの営業マンと接してたこともあるけど、パワーがある。他の営業マンに比べてなにかの意気込みが違う。


    意気込みだけちゃうくて、仕事もきちんとやってくれる。


    そんなリクルート社が東京で見たら、
    あんま大したことない扱い。どっちかというとみんな電通。


    大阪では電通なんて大したことない扱いで、それよりもリクルート。

    業種がすべて一緒ってわけちゃうから、比較するものちゃうとは
    思うねんけど明らかに大阪では比較するとみんなそっちを受け入れると思う。


    たまたま地元の幼なじみで、東京のリクルート社で働いてる子がいてる。
    そんなに仕事の詳しい話をしたことないけど、いつも忙しそうにしてる。


    でも、活き活きもしてる。



    少し話がそれたけど、
    「自ら機会を創りだし、機会によって自らを変えよ」
    この言葉はビジネスだけじゃなく、自分で生きていくうえでも
    大切なことやと思う。


    この言葉を簡単に解釈してもらっても
    より深く解釈してもらってもいいと思う。


    この言葉の意味を、自分が勝手にここで述べるにはいけない感じがするし。


    いろんな解釈をしていろんな意味に採って自分なりの言葉にしていただけたらなって思う。



    江副さんって方がどんな人かわからへんけど、
    もし機会が会ってお話できたらいろんなことを聞きたいし
    いろんな話ができたらいいなと思う。


    もちろんそれには自分がもっともっと社会でアピールできる人間にならないと
    その立場まではいけないと思うけど。



    そんな素敵な言葉や好きな言葉、尊敬する人や会ってお話してみたい人が
    いっぱいいてる。


    謙虚にいろんな人の話を聞いて、自分にプラスになるようにしていきたい。



    好きな言葉はいつも手帳に書いている。
    いつでも見れるようにするためもあるし、
    大切な言葉はいつもその気持ちと共に忘れずにしたいから。


    いろんな好きな言葉がある中で今日はこの言葉を選んで紹介しました。














    最近のブログ・・・宗教的(笑)?!

    なんかちょっと哲学っぽいとこもあって、自分で思うときがある。


    今まで仕事をしてて気づいたことやプラスになったこと、
    そして今の状況で感じたことや
    役に立ちそうなことのできるだけを伝えたいと思って書いてます。


    でもやっぱり世間にはいろんな人がいてるし、
    たくさんのやり方があると思う。


    今まで読んできた本の中のすべてが共感できるものではなかったし、
    人の話を聞いて自分はちょっと違うなってこともあった。


    だから自分のブログの中でも共感できないことや意見も必ずあると思う。


    それに対しては無理に受け入れることもないと思うし
    共感することはないと思う。


    自分もそうやねん。



    意見が違う人なんていっぱいいてるし、
    受け入れられないこともいっぱいある。


    でも反論はしたい。


    なんかコイツとはちがうわ、ってだけちゃうくて
    どこが違うのかとかどうやったらこの人はこんな考え方になるんだろってね。


    そしたらたまーに、意外な発見や違う見方ができたりして
    自分のプラスになることもある。


    やから、基本的には人の意見や考えは謙虚に
    聞いていくようにしてる。


    それはたとえ、自分より経験がない人でも年下でも。



    いつまでもスポンジのような考え方がしたいって
    思ってるし、していかなあかんって思ってる。



    まあ、十人十色ってことかな。



    もし、みてていろんな意見もあればぶつけてください。


    もし、どうしようもなくうっとーしくなったら画面を閉じてください(笑)。





    それでは今日はこの辺りで・・・。












    10月初めに大阪へ戻る。

    戻るって言っても引っ越すわけちゃう。
    ちょっと用事があって戻るだけ。
    東京へ来て数ヶ月。はじめて戻る。


    何日くらいやろ?!たぶん予定では5泊6日くらいの予定。

    ゆっくりはできひんけど、いろんなことをするつもり。

    仕事の話も含めて分刻みのスケジュール。
    分刻みなのはこっちじゃなくて相手の予定が分刻みやから
    それに合わせてこっちも分刻みでのアポイント入れてる感じ。


    その間パソコンは持ちあるかへんからブログのアップはできひんけど、
    戻ってからいっぱい報告できるような出来事を用意しときます。


    自分の仕事の大きな分岐点になるような大切な打ち合わせやから、
    今からドキドキとちょっぴりの不安。


    東京に来て5ヶ月ちょい。
    自分ではじめた仕事っていっても、たいした事業内容には程遠い。


    何かを変えていきたいなって思ってたとこやから
    このチャンスはものにしていきたい。


    もしかしたらこれをきっかけに東京を離れるようなことになってしまうかもしれへんし、
    逆に何もかわらへんままかもしれへん。


    でもなにかしらのアクションを起こさない限り何の変化もないことは
    わかってる。


    ただ今、自分の事業として行なってるのは3つ。
    副業としてバイトを2つ。


    ずっとこのままの現状でいくわけにはいかへんから
    またまたこの大阪遠征は大きな分岐点になると思うけど
    どうなろうとも、自分の人生やと思って受け入れていきたい。







    久しぶりのお休みと世間の休日の日が重なって訪れた。

    せっかくのお休みの日、いつもどんなことして過ごしてるかっていうと、

    ・・・基本的にはあんま何にもしてへんと思う。


    いつもせかせかしてるの好きやから、のんびり過ごしてみようってのが今回の過ごし方。
    大阪のサラリーマン時代からそうやねんけど、普段休みが無いから休日の過ごし方がいまいちわかってないかも。


    仕事してる最中にはいつも休みが欲しい欲しいって叫んでんのに
    いざお休みになると仕事してるほうが落ち着くわーってめちゃワガママ。



    話変わって、漫画で「課長 島耕作」って知ってる人いてるかな?!

    基本的には大人になって漫画読むことがなくなってんけど、
    これは唯一、今でも読み返してる。


    どんなストーリかって簡単に言うと、
    サラリーマンの島耕作がサラリーマンならではのしがらみや生き様を描いているような作品。自分が勝手に判断するほどの人間ちゃうけど、
    こういう自由で仕事とプライベート、女っていうすべてをまっとうに貫くような
    人間ってなんか好き。


    どこか、映画の「24」のジャックバウワーを思い出させるような
    そんな人物像とかぶるような存在。


    まっすぐで、自分の信念は貫く。

    そんな人間は関西では受け入れられる。


    事実、映画でも「24」のほうが「プリズンブレイク」よりも人気があるような感じやし、周りの人も「24」のほうが好きな人が多いと思う。


    東京では「プリズンブレイク」派のほうが周りでは多い。



    少し話がそれたけど、そんな島耕作の本を休日になるとよく読んでたなって、ふと思い出して書いた。


    大阪で仕事終わって飲みに行き、帰るのめんどくさくなったときなどはよくネットカフェに行ってた。


    そのたびに読み返して、サラリーマンの自分と照らし合わせ、ずれてる部分を考えていた。



    なんな少し自分の中の熱い部分をぶり起こしてくれてるような感覚。

    サラリーマンの中で同じように感じたことのある人も必ずいると思う。




    なんかの宣伝ちゃうけど(笑)、なんかふと興味わいた人いてたら
    読んでみてください。



    こんなん述べてるうちに少し懐かしく、読み返したくなってきた。


    久しぶりにネットカフェにでも行ってみようかな。












    このブログについて。


    よく後日に過去のブログをアップするときあります。
    その日のブログにしたら簡単な話やねんけど、
    できるだけこの日にあったこと!!

    って感じで載せておきたいんで、
    日にちが前後したり、

    「これ前はなかったのに・・・」

    みたいなことが起きてしまうと思いますがご了承を(__)



    最近ブログの更新が遅れてた。

    なにしててん!!って言われたら、単純に仕事ばっかりしてた。


    前に仕事の取引先がなくなって、収入が減ったってことを書いた。

    それが一番の影響があるのかもしれへん。


    朝から夜まで仕事のスケジュールが入ってる状態で、
    前よりも時間の余裕は少なくなった。


    毎日、朝から飲食店の仕事。夕方過ぎくらいまで入って、
    それから人との打ち合わせしたり自分の人材派遣の仕事の時間。


    夜家に帰ってからはネットでオークションやショッピング。




    朝ゆっくりできる時間がなくなったってことが一番の変化やと思う。



    ちょっと前にテレビで見たことで感じたことがある。


    近年は大学を卒業してそのまま代表をしてる人がめちゃ増えてると言う。
    サラリーマンで社会勉強や修行(?!)をしないまま
    自分での会社を起こして行く人たち。

    腐るほどいてるらしい。



    これに関して、いいとか悪いとかそういうことは何も思わへんけど、
    そんな中で成功してる人もいてるってことが自分にとっての刺激になった。



    みんな自分のやりたいことに向かって成功させようと頑張ってる。
    それも自分より年下でもそういうパワーを持った人も多い。


    なんか負けられへんなって感覚。



    少し違うのは、そんな人のほとんどがはじめの資金として
    親からの援助が多いくらい。



    自分はもちろんそんなことできひんし、
    多分そんなことができる家ちゃうし(笑)。


    でもそんな今の日本の現状があるということと自分の生活を照らし合わせて
    自分に刺激を与えながら毎日の生活を送っている。



    最近携帯を一つ解約した。
    仕事用で使っててんけど、別に自分の携帯だけでいいかなって思って。
    安定するまではそんなんいらへんのんちゃうって思うから。


    それよりどっちかと言うと固定電話の設置のほうがいいと思ってる。


    でもどーせ転送して携帯で受け取るんやから一緒やん!!って。



    今日は久しぶりに家に戻っていつの間にか寝てるくらいダウンしてた。
    やから、こうやって目が覚めてブログ書けてる。



    少しずつの変化感じながらまだまだ東京には染まらへんように明日からも頑張っていきます。







      【9月7日】

    たまたま昔の職場で働いてた子から電話があった。


    なんやろって思って電話とってみると、

    「明日から東京行くんで!」

    ってめちゃ急。。。

    もちろん返事はオッケーでなんとかすぐにスケジュールを調整して
    会う約束をした。


    いつぶりくらいやろ?!


    覚えてるのは去年の8月18日。
    ってかなり具体的に覚えてる自分。



    その子は会社を3年くらい勤めてて辞めていった。
    自分のしたいことがあるって言って。



    それが去年の5,6月くらい。
    それからお互いに時間も合わずに会えないままでいた。


    8月のその日に久しぶりに会って飲んで騒いで。
    その子の誕生日が終わったばかりくらいやったから、
    誕生日パーティもかねて。



    それからしばらくして海外に行ってしまった。



    なんかそのときは不思議と寂しい気持ちもなく、
    へ〜ってくらいやったのを覚えてる。



    人間ってほんとのお別れのときってなんとなくわかるっていうやん。
    自分でもその感覚はわかるし、その自分の感覚は正確やと思う。


    そのときもなんか、一生のお別れはせーへんなって感じがしてた。

    どっかでまた縁があって会えるって。



    小学生のときも中学のときもなんとなく感じたことがある。

    「こいつとはもう会わへんな」


    って感じることってみんなにもあるんちゃうかな。

    自分ひとりの感覚じゃない気がする。

    恋人と別れるときも、またなんか会いそうっていうのと、
    もう二度と会うことないなって感じの二種類の感覚。



    ちょっと話が飛んだけど、そのことはそんな感覚があった。
    海外に行って帰る予定もなく、
    しかも電話番号も解約しててこっちからは連絡も取れない状態。
    それやけど。



    そんな戦友とも言えるような関係の子がふと電話があって
    つい最近連絡をとっていた。


    んで、更に東京に遊びに行くからって。
    なんか用事があってくるみたいやけど、
    ずーっと共に仕事もしてたけど、そんなに東京なんて
    用事があるからってそんなに簡単に用事なんて入らないし
    入ったことと聞いたこともない。




    なんか縁を大切にしてる自分にとってこういうのはうれしいし、
    そういう道を歩いてることに感謝したくなる。




      【9月8日】


    即日やったけどこの日に戦友が東京に乗り込んできた。
    この日に用事があったらしく、
    朝一で来て用事に向かったらしい。


    自分もさすがに仕事をキャンセルするわけにはいかへんから
    朝からの入ってた仕事はちゃんとこなして、
    8時に六本木で待ち合わせした。


    行くとこもそんなにないけど、とりあえずおいしいものを食べさせてあげたかったから西麻布の知ってるお店を予約してたから向かった。



    ちょうど一年ぶりに会うっていうのに、
    会ってもお互い全然変わってへん。


    あえて言うなら、お互いに少し日焼けしてて
    「黒っっ!!」
    って思ったくらい。



    話ももちろん一年振りやし、
    お互いおしゃべりやから尽きることないくらい喋った。



    こんなに喋るなんて久しぶりって思うくらいに。



    二人でワイン2本あけて移動。


    オシャレなお店から一変、居酒屋へ。


    そこでもお酒も底尽きないくらい飲んで
    喋った。




      【9月10日】


    仕事の予定を済ませてなぜかお台場へ。


    なんやかんや言って、4日くらい滞在してた。
    用事が終わったら予定もないって言ってたので
    せっかくやからって引き止めてたところもあるねんけど。



    でもついに明日(11日)に帰るって決まったときには
    なんか切ない気持ちやったけど。


    でも朗報なのが、その子も仕事を東京で始めるらしくて
    10月から東京に住む予定になったということ。



    そのこと合うなって思うところが、
    気を遣わないってこと。


    仕事仲間やったってのもあるとは思うけど、
    なんか楽。


    変な気を遣わずに過ごせるし気軽にも誘える。
    だから大阪ではいろんなとこにもいけた。

    ご飯屋さんやバー、クラブ。


    初めて入る店ってどんなとこやろって思うけど、
    その子とは簡単にいけた。


    やから、めちゃ自分の中でも大切な人やと思ってる。





      【9月11日】


    ついに帰る日。
    戦友ともまたしばらくのお別れ。


    今回で感じたことは二つ。

    一つはさっきも述べたけど

    不思議とまた会える、会われへん。
    その感覚がまた正しかったってこと。


    いつもお別れ会なんて、一人だけ冷めてることがある。

    「もう会えないかもしれへんのに・・・」

    って周りに言われたりするけど、自分ひとり
    また会えるもん。
    そう思ってる。


    勘違いしてほしくないのが、
    お別れ会自体に冷めてるわけちゃうくて、
    そういうのは盛り上がるタイプ。

    でも、ほんまのお別れって感じることはないってこと。
    職場や学校、お互いの過ごしてた時間の中にいなくなることで
    お別れっていうのはあると思うし、それは寂しく思う。


    でもそれで人間関係が終わりなわけちゃうし、
    終わりにはしたくない。


    どんなに職場や学校で仲良くても
    もう二度と会ってない人もいる。


    それがわかるっていうだけ。



    もう一つの感じたことは、

    やっぱりいつも言うこと一緒かもしれへんけど
    そういう友人っていいなって思う。

    大切にしたいものって人それぞれ違うと思うけど、
    友人関係や人間関係・人との縁は
    自分の中でかなり重要な部分に入る。



    どんな一元サンだろうと、いやな奴と感じる人やったとしても
    無意味な出会いなんてないと思ってるから
    大切にしたいし、そういう自分の気持ちをいつまでも大事にしていきたい。











    最近携帯電話でいろんなサービスがあると思う。


    料金プランもわけわからへんくらい多い。
    でもよく見てみると、安い代わりに2年間は使わなければいけないとか、
    分割で本体の料金を払わなあかんとか・・・。


    上手く利用されてる感じがする。


    前に大阪で仕事してたときは携帯代が5万くらい毎月払ってた。
    1年で考えると60万???


    めちゃ貢献してるやん!!


    今はそんなに話すことはなく2万くらいで収まってる。


    新しいもの好きやから新機種とか発売されると
    いつも食い入るように見てしまうねん。



    買う買わないは別にしてよくチェックしてる。


    アキバ系(笑)?!



    そんな新しい携帯の中で、ドコモのケータイで一つのケータイで番号とアドレスが二つ持てる。


    っていうシステムがあって、
    遅いとは思うけどめちゃ便利やんって最近思った。



    仕事柄、仕事用とプライベート用で携帯を使い分けてるねんけど、
    最近はメールで済ましたり、メールで資料を添付して送ったりと
    メール機能もよく使う。


    そこで2台持つのってめんどくさいからその新しいシステムを使えたら便利やろなーって思ってん。



    話はちょっと変わるけど、いつも携帯代2万とか5万って言うとビックリされるねんけどみんなはどのくらいなんやろ?

    普通って言う料金がわからへんから基準なんてないとは思うけど。



    最近のニュースで日本の携帯料金、世界で2位か3位くらいやった。


    それにしても携帯代って何とかもうちょっと安くならないものか・・・。





    と、思いながらも新しい携帯が欲しくなってる今日この頃です。





    このページのトップヘ