独立までの道のり

雇われた高収入はいらない。 どうせなら自身で稼ぎたい。 ずっと働いていた会社を辞め、自身で生きる。 勝手気ままな仕事とプライベート ほとんど独り言・・・。

    最近たまに、音声入力のテストとしていろんな文章作っていますが、慣れるまでには時間がかかりそうです。

    やはり音声入力のポイントとしては、前もって伝えたい要点をまとめておくことが大切です。頭で考えながらキーボードを打ち込むわけではないので、微妙な言い回しや文章の前後を簡単に入れ替えることができません。

    メリットとしては、話し口調で文章を作成できることですね。堅苦しい文章や何かの説明など、きっちりした文章ではない限り、音声入力の方がスムーズに文章が作成できるような気がします。

    どちらにせよ、音声入力には慣れが必要だと思いますし、多くの文字を入力してコツつかんでいくことが、早く入力するようになるためには重要だと思います。


    おはようございます。久しぶりの大阪です。

    大阪に戻ってくるのは約10年ぶりでしょうか。やはり一番初めに大阪だなと感じたのは、エスカレーターが右側待機だということ。東京とは逆ですね。

    これから数日間はバタバタしますが、あまり楽しむ余裕もなさそうなので、またゆっくり落ち着いてから投稿します。


    最近は音声入力することにハマっています。今日もこれは音声入力でテキストを入力しています。

    音声入力で気がついたことは、やはり書き言葉と話し言葉は多少違うというところですね。意識して文章を書くことと内容揃えないとおかしな文章になってしまいがちです。

    もう一点、やはりこれは音声入力の難しいところでもあるのですが、内容を理解してから話し始めないとダメだという点です。

    原稿や記事作成をタイピングで打ち込んでるときは、文字を打ち込みながら考えています。逆に考えながらテキスト入力をすることができます。

    しかし、音声入力の場合は、頭の中でまとまってから話し始めたほうが、効率的に入力ができるということがわかりました。そのため、すらすら文章を音声入力で入力していくコツとしては、いちど紙か何かに要点を書き出すことがおすすめです。

    頭の中で考えながら話していると、どうしても言葉に行き詰まってしまう時があります。特に原稿やサイト記事などのしっかりした文章書くときには、要点をまとめた上で音声入力を始めるほうがスムーズにできます。

    サイト記事や執筆原稿などのきちんとした文章でなければ、音声入力で充分でしょう。特に、日記風の記事を書くときには楽なんじゃないかなと思います。

    とりあえず話せばそれが文字として打ち込まれるので、タイピングが苦手な人もブログを始めてみようかなと言う気持ちになりやすそうですね。


    誤字や脱字に関しては、多少話していることがうまく文字にならないことがありますが、そこまで気にならない程度です。ほぼ正確に認識してくれています。

    ということで、音声入力のテストを兼ねて記事を更新しました。何か質問などありましたらコメント欄からどうぞ。

    ※ここまで4分くらいで終了


    3月5日と言えば、ひいおばあちゃんの誕生日です。

    ここ何年も会っていないけどまだ元気しているのかな。数年前に、親父が亡くなった時に会った時以来で、それからは顔を合わせていません。

    もう100歳超えてるよね。

    もしかしたら120歳ぐらいになってしまうのかも。遠くにいながらも、長生きしていることを願っています。現在はちょっと複雑な環境もあって、簡単に連絡を取ることはできないけど、元気で過ごしていてくれることを願うばかりです。

    せっかくなので、ひいおばあちゃんとの思い出話を1つ。

    ひいおばあちゃんとは昔から離れて暮らしていて、夏休みや冬休みなどまとまった休みの日には会いに来てくれていました。若い頃、といってももう60代ぐらいだったと思うけど、その頃は活発に移動していて、1時間以上離れたうちの家までよく遊びにきてくれていましたね。

    毎回会えるのが楽しみだったなぁ。

    そんなおばあちゃんは来るたび来るたび、お小遣いを少しだけど私にくれていました。大体5千円とかそのぐらいだったかな。けど小学生ぐらいの頃にはそれが非常に大金で、嬉しく感じたことを今でもずっと覚えています。こうやって今自分が働き出したら、恩返ししなきゃいけないのにな。

    ひいおばあちゃんとの思い出は、いっぱいあるはずなのに、こうやって思い返すとなかなか思い出せないです。お小遣いをくれたこと、何かを買ってくれたこと、何かをねだって困らせているとこと、そんな事ばかり思い出として残っています。

    もっとたくさんいろんなところに行ったはずなのに、運動会にも来てくれたはずなのに、そういった思いではあまり残っていません。

    ひいおばあちゃんは戦争時代を体験していたので、その時の話をもっともっと聞けば良かったなと今では後悔しています。今現在、亡くなっているわけではないけど、ボケが始まってまともに話せないので昔の話は本人から聞くのは難しいのです。

    ひいおばあちゃん子だっただけに、今でもやっぱり会いたいし、このまま会わないままでいるのは絶対後悔にするんだろうなと感じています。いろんなことが解決して、またいつでも会えるような関係でいたいな。

    ひいおばあちゃんお誕生日おめでとう。


    今日、東京は雨が降っていました。

    外に出かけて帰ってくるとき、駅のホームでは何やらいつも以上に学生が多くて、いつも以上にテンションが高いなと思って見守っていました。

    そこでふと気づいたのが、今日は卒業式なんですね。

    3月5日といえば世間一般の学校は卒業式を迎える日になります。あんな時もあったな、こんな時もあったな、と何十年前か分からないような学生時代の思い出がよぎりますね。

    これから社会に出て、楽しいことや嬉しいことのほかにも苦しいことや辛い時もどんどん経験していくんだろうな、と考えている自分が年を重ねたなと自覚するばかりです。(完全におっさん化発言です)苦笑

    あの子たちが何十年か後に、卒業式の日は雨が降ってたね。と振り返る日がいつか来るのでしょうか。

    何はともあれ、今日は晴れやかな日でしたね。


    離れて暮らすのは辛いとわかっているはずなのに、わかっていることなのに辛い気持ちを抑えることができない。

    離れてからまだ1週間しか経っていないのに、こんなに辛いとは予想していなかった。自分自身がおかしいのかと感じる時さえある。


    なるべく考えないように、なるべく思い出さないように、なるべく。いつまで耐えられるか分からないが、耐える以外に選択肢はない。

    なんかちょっと、病んでるような内容にも思えるけどそんなことはない、はず。笑



    当たり前だと思っている日常の何気ないことが、当たり前だと思ってはいけないと思う。

    当たり前のように感じることも、よく考えたら当たり前じゃないことだらけだと気づく。でも人は、当たり前のことを当たり前だと思って、だんだん感謝しなくなる。それに気づいて見方を改めることができればいいけど、気づかずに毎日過ごしていることの方が多い。

    今こうやって自分がこの場所で過ごしている事は、いろんな人の支えがあったり、いろんな事の偶然の積み重ねが、今の自分を作っていると考えることもできる。

    あぐらをかくことなく、常に謙虚に、常に感謝して、常に向上心を持って前に進んでいきたい。

    そしてこのことを日々忘れず毎日過ごせる人でありたい。



    今日は久しぶりに外食。

    彼女が結婚式で地元に帰っているので、夜も1人で過ごすことになります。だからといって、特に何かすると言う事は無いけど、今は寂しく家で過ごしています。

    特にブログに書くような出来事もなかったけど、逆に書けないような出来事もいくつかある。

    今自分が何をやっているのか、やっていることが正しいのかを考えると不安になることもあります。しかし今は、難しいことを考えることなく、前に突き進んでいくことだけを考えることが大切なんだと思います。

    今は彼女を大切にする、将来成功させることが1番の目標なので、悲しませないようにすることが最優先なのかな。



    日々行っていることが遠回りだと気づいているのに、やめられないことってありますか?

    少し冷静に考えてみるとすぐ目の前になりすぎて、本当にやらなければいけないことができていない。

    とてももどかしい。



    今日は午後から弁護士の先生と会ってきました。

    いろいろあったことを解決するために、あと何回かは会う必要がありそうです。 これから先、自分の人生を前に進めるためにも、避けて通れない道なのかな。

    ただ、法律の専門家がいてくれることは力強い。

    さて、明日も頑張ろう。

    このページのトップヘ